秋の夜長に大逆転裁判2を!久々に逆転らしい大逆転裁判2の感想、ただし狩魔一族は不在。

london ゲーム関係

こんにちは、峪さとるです。

先週までの暑さが嘘のように涼しくなってきましたね。

時間帯によってはクーラー消してるとすこし暑いけどつけると寒かったりなのが、ちょっとした困りどころだったりですが、なんにせよこのまま涼しくなってくれると助かります。

そんなこんなで先日クリアした大逆転裁判2の感想になります。

まさに帰ってきた逆転裁判!

久しぶり逆転裁判らしい逆転裁判だった気がします!

近年の作品では1番の出来ではないでしょうか。

あの人がまさかの登場とか、ラスボスが予想通りのラスボスだったりとか
意外な展開と、いつものお約束を踏襲しながらも綺麗に最後まで走り抜けたのではなかろうかと思います。

1から3までをやり遂げた時以来の久しぶりに逆転裁判をやった!という感じです。

惜しむらくは大逆転裁判1と期間が開いた為、前回どうだったっけ?
とか、ときおり脳裏によぎってしまう事でしょうか。

前作をまだやってない人は先に1をやってから、
前作をクリアしてても直前に1をやってからプレイすると
楽しさ倍増するかと思います!

序盤はキャラの使いまわしばかりっとかも思ったりしたのですが、
1と2を1作品と考えたら結果的にはこれで良かったのかなとも。

ちなみに1でカルマの単語とか意味深に出まして、
さりげなく一族出てくるのかなっと期待していたのですが、
狩魔一族の話題に触れたのはほんの一文だったりなので、
そちらの方に期待しているとガッカリしてしまうかもなので注意です。

とにかく前作で消化不良だったところはすべて消化されていきます。
後半はやめ時を失う楽しさなので秋の夜長にプレイされてはいかがでしょうか。

うーん。久々に1から通して全作やりたくなってきました・・・。

それでは今日はこの辺で失礼いたします。

 

タイトルとURLをコピーしました