内視鏡検査へ初めて行く。実録!健康診断引っ掛かって病院選びから初診の流れまで。

yuuki 日記・雑記類

こんにちは、峪さとるです。

○○は、忘れた頃にやってくる。

内視鏡怖いよ健康診断で引っ掛かった話
健康診断に引っ掛かってしまい、要検査の必要ありの紙が・・・調べてみると便潜血は結構あるケースのようなのですが、大腸がんやポリープなど大丈夫と思いつつも油断はできないかなという事について語っております。

というわけで、忘れかけてましたが、
以前、健康診断引っ掛かった記事で再検査いったら報告するよ的な事を書いたのですが、
ひとまず初診に行ってきたので、どんな風だったか書いてみるとします。
私と同じように引っかかって不安な同志の参考になればという事で・・・。

まずは病院選びから、電話予約をしてみる・・・

とりあえず会社の上司に、
「そういえば、そろそろ検査引っ掛かったの診断に行きますね~」
「そうだった早く行っといで~」

と、フランクな感じに有給をゲットしてみた私は、
とりあえずどこの病院にしようかと悩みます。

最初は内視鏡が上手いと評判の「外科・肛門科」の病院が良いらしいよ。
と同僚の方に聞いたりもしたのですが、

内視鏡経験5回でポリープ切除経験有りの父から滅多に掛かってこない電話が来て、
(健康診断引っ掛かったと母に言ってたら)
父曰く、「原因がわからないんだから「肛門科」に絞らない方が良い」と、
確かにと納得した私は、健康診断の結果が書かれた紙と一緒に渡された、
系列病院のパンフレットに載っていた病院を父に聞くと、
「少し古いけど評判は悪くない」という事なので、
そこの病院に予約の電話をすることにしました。

経験者の父頼りになります。
(余談・その後、実家に帰った時に内視鏡検査の話を繰り返し聞かされることになります)

病院に電話をして、健康診断に引っ掛かった事を伝えると、看護師のお姉さんが丁寧に説明してくれます。
初診は説明と予約の受付になるとの事と、本番実施出来る曜日。
あとは健康診断結果の紙と、保険証を持ってきてくださいとのことでした。

というわけで、再び上司に、
「二回行くことになりそうなので、この日休みますね~」
「その日休んで大丈夫なの?(以下略)」
とかなんやかんやで休みを取って後顧の憂いをなくして初診へ備えます。

tabi

いざ、病院へ。内視鏡検査までの初診の流れは・・・

ネットで地図を調べつつ、普段通らない道を通って病院に無事にたどり着いた私は受付に向かいます。
(途中、病院の手前にある有料駐車場にうっかり入り込んで100円無駄に払って脱出したのは秘密です)

受付で、電話予約をしたことを伝えて、
受付表に名前や住所を記載すると、早々に診察室の方へと案内されます。
ちなみにこちらの病院では内視鏡検査は「内科」になるようです。

診察の前に、血圧と身長、体重を計測して、
医者の先生の診察を受けることになります。
基本は問診だけで、

お腹壊しやすいか?便秘しやすいか?
体重が一気に減ったりしたか?過去にお腹手術したことあるか?
などでした。

そのまま問診を終えると次回の予約をする事になり、
内視鏡検査実施の同意書を貰い、何か分からない事あったら次回でも良いので聞いてくださいとの事でした。

そしてそのあと次回の詳しい内容を看護師さんに教わることになりました。

簡単にまとめてみると、
当日、8時半までに病院に来ること、
前日の夜九時までに下剤薬を飲むこと。
9時以降は絶食。そして・・・

「水は飲んでも良いけど、当日、半日かけて2リットル下剤飲むから飲みすぎに気を付けてね」

と、さらりととんでもない事を言われます。
検査まではトイレ付きの個室で過ごすことになるとの事です。

あと、前日のご飯は消化の良いものにした方が良いとの事で、
食物繊維の多いキノコ類や豆、海藻とかは避けるようにとの事でした。

一通りの説明を聞いて、注意書きの用紙と前日飲む下剤を受け取って初診は終了しました。
(その後実家によって、父による内視鏡講座が始まるのですが、それはまた別のお話)

というわけで、決戦は再来週になります!次回につづく・・・はず!

内視鏡検査は痛いのか。実録!検査前夜から当日検査まで。麻酔、鎮静剤なし編
健康診断で便潜血で引っ掛かって内視鏡検査を受けるまでの体験談を語ってみました。痛みはとくになく案ずるより産むはやすしといった感じでしょうか・・・でも妊婦さんはこれより遥かに大変なんだと思うと素直に恐れいる限りです。

といったところで今日はこの辺で失礼いたします。

タイトルとURLをコピーしました