信長の野望大志とか大逆転裁判とか気になった今週のゲームニュース

taisi ゲーム関係

こんばんは。峪さとるです。

気が付けばゴールデンウィークですね。
私はカレンダー通りの1、2日が仕事なので今日はまだ普通の日曜日なのですが、
折角の連休なので何か良いゲームとかないかなっとか思いつつ、
今週の気になったゲームのニュースになります。
(今週といいつつ前の週の情報とか混ざってますが悪しからずです)

ロマサガ3のリメイクとか今日気になったゲームのニュース
ロマサガ3のリメイクや、女神転生の新作など今日見たゲームニュースでテンションが上がってしまったことを、昔を懐かしんだりしながら語っております。

前回のロマサガ3の時の記事に合わせて3本立てにしようと思ったら、
思った以上に記事が長くなったので2本に変更したのは内緒です。

「信長の野望大志」今冬発売決定

まずは信長の野望ですね。
ナムコの三国志中原の覇者というゲームを父親が買ってきたのを皮切りに、
シミュレーションゲームにも手を出し始めた訳ですが、
信長の野望シリーズは武将風雲録をやったのが初めてでしょうか。
当時はまだまだ若かったという事でろくにクリアできず、初プレイでは斎藤道三で初めて美濃の国を延々国造りしていたら道三様が天寿を全うしてしまったという懐かしい思い出。
(十数年後に姉小路家でクリアすることでリベンジを果たしたのはまた別のお話)

そのまま友達も信長シリーズに嵌らせて、
天翔記、将星録、烈風伝と同時プレイとかしたりですね。
ターン待ちが長すぎると文句言ったりですが、なんだかんだ楽しかった気がします。

その後は一人プレイ前提の作品になっていき革新のリアルタイム制で、その後の方向性が固まっていく訳ですが、そんな信長の野望シリーズの最新作「大志」が出ると聞いて反応したわけですね。

信長の野望シリーズの問題点といえば、中盤に勢力が安定した後の中だるみだったりするわけですが(シリーズによってはうっかりすると相手が大きくなりすぎて詰むパターンもあったりですが)
大志ではAIが強化される(志を持って動くそうな)で、更には外交なしではクリア難しいとのことなので歯ごたえがある作りになるのではと期待しております。

発売されたらレヴューとかしてみたいものですが、今冬なのでいつ発売されるか楽しみにまつべしでしょうか。

matu

大逆転裁判2の発売日が8月3日に決定

大逆転裁判2の発売日が8月3日に決定したそうです。

逆転裁判の1~3は何度も繰り返してやってしまったりですね。
各話がそれぞれ楽しかったりするのもあるのですが、
一見関係ない各話が最後にキレイにつながったりしたりしてスッキリスッキリとします。

ただ、最近は話を繋げるために作った感が強い裁判内容というか、
身内が捕まるパターンが多いのでちょっとはっちゃけ感というか遊び心が足りない気がしたりするのがちょっと残念かもでしょうか。
最近の6でいうと、初回特典とかでDLできた特別篇の「時を超えた逆転」が本編中の話よりも逆転シリーズらしい話だった気がします。

オドロキくんについては賛否あったりするみたいですが、個人的には悪くないかと思います。ただ、検事側が最初から良い人というか割と協力的だった(風にプレイヤーが感じてしまう)のがナルホドくんと御剣検事との関係みたいなのを変に狙いすぎてたのかなっとか。
・・・そういえば結局、ラストの裁判員裁判のシミュレーション導入は次回作からは忘れられている設定になってますね。

とまぁ、大逆転裁判はそんな逆転シリーズの過去話という設定の作品です。
良くも悪くも過去話ですので、キャラが一新されて新鮮なのも良いように作用してます。
不可抗力?な動機が多いかなっとか思ったりしますが、なんのかんの楽しめます。

・・・楽しめるのですが見事に話が盛り上がってきたところで途中で終わります。
やってる途中であれ?5話目だけどこれちゃんと終わるのか?とか思ってたら伏線回収等せずに途中でばっさり終わります。
これまでの作品がソフト1本で完結してたので悶々とすることになりました。

おかげで評価が悪く響いている所がありますが、無事に続編出るのが決まったので、内心喜びつつ記憶よみがえらせつつですね。
プレイがまだの方は2に備えて是非プレイしていただけたらと思います。


大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- Best Price! – 3DS

といったところで今日はこの辺で失礼します。

タイトルとURLをコピーしました