Sycom Premium-Line H270FD-MINIを実際に買った時の構成を語ってみる。8Gか16Gか悩めるメモリー編

MEMORY BTOゲーミングPC購入記

こんにちは、峪さとるです。

一気に気温が上がってきましたね。
扇風機を出そうかとか思う前に、クーラーを欲する暑さです。

パソコンを買い替えて最初の夏が来るわけですが、
今の所ファンがフル回転とかそんな事もなく無事に動いておりますので、
この調子で夏を乗り超えてほしい所です。

サイコムプレミアムラインでBTOPCを買った際の構成内容を語る。CPU・ファン・マザーボード編
Sycom Premium-Lineを実際に購入した際にパーツ選んだ時の思考について語っております。まずはCPU編になります。i5かi7かはたまたRYZENか。後は、パソコンを買うタイミングについてなども少々。よろしければご参考ください。

といったところで、前回↑に続いて、
私が実際に購入した際のパソコンのパーツ構成のお話でもしていこうかと思います。

今回はMEMORY

・MEMORY
16GB[8GB*2枚] Crucial Ballistix Sprots LT Gray BLS2K8G4D240FSB Dual Channel(標準)

今回はメモリーについてですね。
ゲーミングパソコンを買おうという方でしたら、
8Gか16Gで悩む方が多いのではないかと思います。

私の場合も正直8Gでも十分なのではないかという思いもあったのですが、
最終的には、16Gを選択しています。
(ビジネスで使う場合は8Gあればかなり良いPCの分類に入るかと考えています)

16Gを選んだ理由としては、
最近ではゲーミングPCでは16G搭載が標準になってきているようなのと、
私自身がメモリはケチる部分ではないかなと考えているのでこの選択になりました。
(多分、長い事パソコンに触れてきている人の多くが、
『PC遅い=メモリが足りない』みたいな経験でメモリ増設する事があったので、
そっちの思考になってる部分も多分にあるかもです)

メモリは、十年前は256Mとかで十分、数年前に4Gで凄いっとかそんな感じに進化してきているので、長い事使うつもりで用途も広げる予定なら良いのかなと。
特に動画とかそっち系も触る予定なら上げといて損はないかと思います。

MEMORY

ちなみに、メモリーは1枚差しよりも2枚差しの方が効果が高いとされています。
16Gにする場合も、1枚差しで16Gにするより、2枚差しの8G×2枚の方が効果が高くなります。
(詳細は省きますが、デュアルチャネルという機能で、
同一スペックのメモリ2枚を使う事で機能が向上します。
更に余談で4枚差しというのも出来るようですが、
こちらは現状だと不安定になる恐れもあるので2枚が無難になるかと思います。
※マザーボードによっては4つスロットない場合もあります。)

ついでにで、今からパソコン買い換えでしたらそうはないかと思いますが、
『32Bit版』のOSを使う方は、
メモリの上限が実質4Gまでに制限されますので、一応ご注意ください。

以上、簡単にですが、メモリーについてでした。
いくらかでもご参考になれば幸いです。

それでは今日はこの辺で失礼いたします。

実際に購入した際の全構成と開封までの様子を纏めています。
↓よろしければこちらもご参考ください。

Sycom Premium-Line H270FD-MINI評判よりも実物で選ぼう。サイコムで実際購入時の構成紹介と梱包を開封まで。
サイコムのBTOパソコン。プレミアムラインを実際に購入して届いた際の記録になります。動作も快適、音も静かと個人的には買って正解の結果になって満足しています。開封の様子と利用した感想・評価していますのでよろしければご参考ください。Z390FD-MINIの旧同型機。

↓次回はこちらです。

SSDは2台も必要か?サイコムのプレミアムラインMINI-ITX (H270)モデル実際購入時の構成・HDDとSSD編
Sycom Premium-LineでBTOパソコンを実際に購入した際にどうしてこのパーツ選んだのかを語っております。今回はHDDとSSDの構成についてになります。

※この記事は2016年12月ごろから2017年3月頃までの話を元に作成されています。
当時と状況が変わっている恐れがありますので参考にする際はご留意くださいませ。

 

タイトルとURLをコピーしました